バセドウ病 日記

バセドウ病になってしまった私の、経過や治療方法・副作用などを書いています。同じバセドウ病で悩む方の参考になれば嬉しいです

バセドウ病の薬の種類

バセドウ病の治療の際に使う、薬の種類をご紹介します。一般的な薬から、あまり知られていない薬まで、実際に私が服薬した物をお伝えしますので、どんな薬があるのか参考にしてください。

[adsense]

メルカゾール

 

バセドウ病の治療をする際、一般的に処方される薬です。比較的、薬の副作用が出やすい薬で、私もメルカゾールを飲んだら副作用が出ました。どんな副作用が起きたのかは、こちらの記事をご覧ください。

 

プロパジー

 

この薬は、メルカゾールよりは副作用が出にくい薬のようです。でも、やはり私には副作用が出てしまいました。まー、副作用についてはそんなひどくなかったんですが、数値がね(^^;

 

なので、このプロパジールも私は服薬する事が出来なくなりました。で、メルカゾール・プロパジールと薬が飲めなくなった私が最後に出された薬がこちらです。

 

ルゴール液

 

この薬の成分は、基本的には「うがい薬」と同じです。もちろん、バセドウ病の治療用に配合は少し変わっていますが。このルゴール液は液状なので、錠剤が苦手な人でも飲めると思います。が、ものすごく苦い!このままで飲むのは、かなりしんどいです。

 

私は先生に勧められて、ヨーグルトと一緒に飲んでいました。もしあなたも、ルゴール液を飲むことがあったら、ヨーグルトと一緒に飲むと飲みやすいですよ。

 

他に、バセドウ病の症状の1つ「息切れ・動悸」を抑える薬も飲みましたので、それもお伝えします。

 

プロプラノロール

 

この薬の効果は抜群です!飲んですぐに、息切れとか動悸が治まりました。処方も、他の薬と違って、検査当日(結果はまだ)に出してもらえるので、非常に助かります。

 

あなたも、心臓の負担を減らす為にも、この薬はすぐにでも出してもらいましょう。

 

まとめ

バセドウ病の治療では、上記の薬がたぶん出されると思います。他にも、一般的なものと言えば、「チウラジール」というものがあります。

 

これもメルカゾールと同じく副作用が出やすいそうです。なので、メルカゾールで副作用が出た私には処方されませんでした。

 

それぞれの薬での副作用は別の記事で紹介していますので、副作用が気になる方は読んでみて下さいね。