バセドウ病 日記

バセドウ病になってしまった私の、経過や治療方法・副作用などを書いています。同じバセドウ病で悩む方の参考になれば嬉しいです

バセドウ病の定期検査結果でTrabの数値が最悪だ

本日も、いつものようにバセドウ病の定期血液検査に行ってきました。朝一で採血をして、午後に先生の診察。

 

どーでも良いけど、病院には本当に高齢の方が多い。待っている方のほとんどは高齢者。しょうがない事だけど、出来たら高齢者の方と採血場所や診察場所を分けて欲しいな。

 

そうすれば、ものすごーく待ち時間が少なくなる気がする。僕もいずれは歳を取っていくけど、やっぱり今が大切。もう少し時間を有効に使えるようにしてほしい。そんな病院は無いかな~。

 

と、話がそれちゃいましたが、今日の血液検査の結果です。

[adsense]

本日の血液検査の結果

 

 

これが、今日の血液検査の結果です。FT4がギリギリ基準値に入りましたが、他はダメです。特に、前回の数値なるけど、Trab3rdがものすごい数値になってます。

 

この数値はバセドウ病の活発度を示すらしいので、これが上がってしまうと数値が悪くなってしまいます。(私の場合だけど)

 

この3週間の間も体調が悪かった。手はもちろん、足まで震えてしまってしっかり歩けない。動悸や息切れも多きなってきたし、もうダメだ。

 

とは言っても、先生から言わせると私の数値は「おこちゃま」みたいな数値らしいので、泣き言は言えません(^^;

 

たぶん多くの方は、バセドウ病になった時、FT3やFT4・TSHの数値を主に見ると思うんですが、私から言わせてもらうと、1番肝心なのはTrab3rdの数値だと思います。

 

何度もFT3・4の数値は良くなっても、Trab3rdの数値だけは良くならず、その度に数値が悪化してきましたので。だから先生も、「薬での治療は限界」と思ったんだと思います。

 

今日は、数値の結果を聞くとともに、アイソトープが出来る大学病院への紹介状も書いてもらいました。

 

また話がそれますが、アイソトープなどの治療が出来る所は結限られているらしいです。大きい病院だから出来る訳ではないようなんですね。関東で有名な所では伊藤病院らしいです。

 

で、私は3週間後に、その大学病院へ行く事になりました。とは言っても先生は今の先生なんですけどね(^^;

 

最後に、今日の費用をご紹介。

 

本日の費用

 

 

薬も診察もいつもと変わらないのに、少しだけ高くなってます。たぶん「紹介状」を書いて貰った為だと思います。

 

しかし、月に1・2回の診察。結構な金額です。国での補助とかしてもらいたいですね。お金がいくらあっても足りないです( > _ < )