バセドウ病 日記

バセドウ病になってしまった私の、経過や治療方法・副作用などを書いています。同じバセドウ病で悩む方の参考になれば嬉しいです

バセドウ病が完治するって事はあるの?

今回の定期検査の時、ある疑問が出て、それを先生に質問しました。たぶんバセドウ病を患っている方の、多くの方が気になる内容だと思います。

 

その質問とは、

 

スポンサードリンク

 

 

私が先生にした質問とは

 

私が先生にした質問とは、

 

バセドウ病は、どのタイミングで治ったとみるのか

 

なんです。最近の検査では、「数値が良くなってきているから、もう少しで薬やめれそうですね」と言われています。

 

でも、検査から検査までの間に、バセドウ病の症状が出てきたこともあったんです。だから、先生の話を聞いていても、心の中では「まだバセドウ病の症状が出ているよ」と思っていました。

 

最近、そのことがすごく気になっていて、バセドウ病では「どのタイミングを見て治ったとするのだろう?」と疑問に思ったんです。

 

なので、今回思い切って聞いてみたんです。その質問に対する先生の答えはこうでした。

 

スポンサードリンク

 

 

先生の答え

 

私がした質問に対しての答えは、こうでした。

  

バセドウ病が治ったとみるのは、検査をした日の数値です」

 

と。という事は、検査までの間にバセドウ病の症状が出ていても、検査の日の数値が良ければ「治った」という事と判断するそうです。

  

これを聞いた時、「あ~、なるほどね。これがバセドウ病は再発しやすい・完治しないと言われる事か」と思いましたね。

  

もう知ってると思いますが、バセドウ病は完治とは言わないらしいんです。使う言葉は「寛解」(かんかい)。

  

この寛解(かんかい)と言うのは、「一時的に治った状態・継続的に軽減した状」態の事を言います。

  

先生も「ホルモンの病気だからね」と言っていました。この話を聞くと、先が見えなくなります。

 

たった1日の数値ですべてが決まる。う~ん、考えてしまいます(-ω-;)