バセドウ病 日記

バセドウ病になってしまった私の、経過や治療方法・副作用などを書いています。同じバセドウ病で悩む方の参考になれば嬉しいです

久しぶりのバセドウ病の定期検査

約1ヶ月ぶりに、バセドウ病の定期血液検査に行ってきました。ルゴール液を0,25mlにしてから、初めての血液検査。

 

さぁ、結果はどうですかね~。1週間ほど旅行に行っていて、薬を飲まなかった日があるんですけど・・・^^;

 

結果の方はと言うと

 

スポンサードリンク

 

 

今回の血液検査の結果

 

今回の結果は、基本的に前回と同じ感じで、FT3・4、TSHは正常値でした!1週間位飲まなくてもOKでしたね(笑)

 

 

f:id:happy-surf:20150913140603j:plain

 

1番左が今回の結果。で、右側が基準値。どれも基準値内です。なので、数値としては落ち着いているんですが、実は1つ出ていない「TRAB第3世代」が、ちょっとネックになってしまっていて、薬が終わらないんです。

 

と言うのも、この「TRAB第3世代」と言うのは、簡単に言うと「甲状腺の活発状況」を表すもののようで、私はまだ、この数値が高いんです。

 

f:id:happy-surf:20150913145545j:plain

 

TRAB第3世代の数値はこんな感じ。今までずっと5、0以上。正常値の上限が「2,0」なので、約2倍以上。

 

今までの数値が高いから、先生からは「まだ薬をやめられないですね。やめたら、バセドウ病の数値が上がるかもしれないですから」と言われてます。

 

なかなか難しいですね^^;

これが、「バセドウ病の治療は長くかかることが多い」と言われる所かもしれないですね。

 

まー、しょうがないので引き続きルゴール液を飲みましょう。今回もルゴール液0,25mlを処方してもらいました。

 

ただ、前回と1つ違うところがあって、なんと今回は「計量カップ」が変わりました。

 

f:id:happy-surf:20150913141756j:plain

 

そう、注射器になりました(笑)でもね、これは当然。前回までのカップだと、0,5までしか目盛がないから、目測で入れてました。

 

だから薬剤師さんにも「カップで測るんですか?」って聞いたんです。答えは「そうなんです」と。

 

でも今回は何も言わないのに、これが出てきました。最初からよこしてくれよって思いましたね。

 

 なので、もしあなたが「ルゴール液」を0,5以下で計量することになったら、注射器を出してもらいましょう。もちろん針は付いてないですから(笑)

 

と、ここで1つ、ルゴール液を飲み始めてから、少し体調がすぐれないことが出てきたんです。それもお伝えしますね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

ルゴール液の副作用?

 

ルゴール液を飲み始めてから、確かに「数値」は良くなってきたんです。手の震えもないし、体重減少のなくなったし。

 

でも、今度は逆に「食事の量が減った」んです。最初は「これが正常なんだ」と思っていたんですが、最近はちょっと違うように思ってきたんです。

 

「食事の量が減った」というよりは、気持ち悪くて「食事を受付ない」ような感じなんです。

 

一応先生にも「最近、食事が取れないんです」と伝えたんですが、「内臓系の数値も正常値なので、そのまま様子を見ましょう」と言うだけ。

 

確かに数値は正常だけど、気持ち悪くなるんですよ。だからネットで「ルゴール液 副作用」って調べたんですけど、具体的なことは出てこなかったですね。

 

唯一書かれていたのは、

 

・関係部位:消化器  症状:吐き気

・関係部位:その他  症状:不快感

 

と言う内容。なんとなくこの症状かな、と思うんだけど自分でもイマイチわからない^^;

 

あなたも、もし「ルゴール液」を処方されたら、こんな副作用があるんだってのは、覚えておいた方が良いと思います。

 

さて、今回の血液検査でかかった費用はと言うと

 

今回の費用は

 

 

今回かかった費用は、前回と殆ど変わりませんでした~(笑)

 

f:id:happy-surf:20150913143836j:plain

 

 もう、私の場合は、大体このくらいですね。月1回で約5,000円かかったとしたら、年間約6万円です。参考にして下さいね。

 

次回の検査も、約1ヶ月後。さて、その時はどうなっているかな~。もういい加減「病気」に気を使うのは疲れてきた。そろそろ終わりにしたいな。